読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GraffitiNote

Pythonistaの情報系大学生がプログラミングやらDTMやらデザインやら

各種ライブラリのアンインストール(削除)手順と/usr/localについて

プログラミング

MeCabやらCabochaやらの挙動が少しおかしくなったので、
入れ直すためにアンインストールしようと思ったのだが、
アンインストール手順を調べたところ、

1.落としたファイルを解凍したディレクトリでsudo make uninstallしてね!
2.アンインストール方法なんて用意してないよ!

のどちらかだった(しかも落としたファイルはインストール後に削除している)
ので、仕方なく各ファイルを探し当てて消していくことにした。

で、どうやら/usr/local/あたりに色々とあるらしいということが分かった。

dqn.sakusakutto.jp
hateda.hatenadiary.jp
/usr/local ‐ 通信用語の基礎知識

UNIXPOSIX準拠OS(Linux等)で、利用者がインストールしたソフトウェア等を置くディレクトリ。
オペレーティングシステム(OS)によって考え方は異なっているが、Linuxの標準FHSでは、自分でコンパイルしたバイナリは/usr/local以下に置くことになっている。のため、/usr/local以下の使用はホスト管理者に任せられており、一般にOSインストール直後は空になっている。

なるほど。そして以下を実行。

cd /usr/local/lib
rm libcabocha.*
rm libcrfpp.*
rm libmecab.*
rm -dr mecab
cd /usr/local/libexec/
rm -dr mecab

これで完了かな?とりあえずmecabコマンド打ってみよう。

mecab
dyld: Library not loaded: /usr/local/lib/libmecab.2.dylib
  Referenced from: /usr/local/bin/mecab
  Reason: image not found
Trace/BPT trap: 5

なんかまだ生きてるっぽい。PATHあたりに何かヒントあるかも?

echo $PATH
/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/opt/X11/bin

/usr/local/binにまだファイル残ってるっぽい。というわけで以下も実行。

cd /usr/local/bin/
rm mecab
rm mecab-config
rm cabocha
rm crf_*

んでもっかいmecabコマンド打って確認。

mecab
-sh: mecab: command not found

無事にアンインストールできた様子。

この辺参考に入れ直し。utf-8指定しないとダメ。ゼッタイ。
m0t0k1ch1st0ry.com
係り受け解析機「CaboCha」をFreeBSD 10.1にインストールする - Symfoware
github.com